研究/教育活動

 

査読付論文

  1. Hartley N. J., Ozaki N., Matsuoka T., Albertazzi B., Faenov A., Fujimoto Y., Habara H., Harmand M., Inubushi Y., Katayama T., Koenig M., Krygier A., Mabey P., Matsumura Y., Matsuyama S., McBride E.E., Miyanishi K., Morard G., Okuchi T., Pikuz T., Sakata O., Sano Y., Sato T., Sekine T., Seto Y., Takahashi K., Tanaka K.A., Tange Y., Togashi T., Umeda Y., Vinci T., Yabashi M., Yabuuchi T., Yamauchi K., and Kodama R.. (2017, Jan) Ultrafast observation of lattice dynamics in laser-irradiated gold foils. Appl. Phys. Lett. 110, 071905 (2017); doi: 10.1063/1.4976541.
  2. Nagaya T., Wallis S. R., Seto Y., Miyake A., Soda Y.,  Uehara S., Matsumoto M. (2017, Feb ) Minimizing and quantifying mis-indexing in electron backscatter diffraction (EBSD) determinations of antigorite crystal directions.Journal of Structural Geology. 95, 127–141.
  3. Tsujino N., Nishihara Y., Yamazaki D., Seto Y., Higo Y., Takahashi E. (2016, Nov) Mantle dynamics inferred from the crystallographipreferred orientation of bridgmanite. Nature, doi:10.1038/nature19777.
  4. Pikuz T. A., Faenov A. Ya., Ozaki N., Hartley N. J., Albertazzi B., Matsuoka T., Takahashi K., Habara H., Tange Y., Matsuyama S., Yamauchi K., Ochante R., Sueda K., Sakata O., Sekine T., Sato T., Umeda Y., Inubushi Y., Yabuuchi T., Togashi T., Katayama T., Yabashi M., Harmand M., Morard G., Koenig M., Zhakhovsky V., Inogamov N., Safronova A. S., Stafford A., Skobelev I. Yu., Pikuz S. A., Okuchi T., Seto Y., Tanaka K. A., Ishikawa T. and Kodama R. (2016, Jul) Indirect monitoring shot-to-shot shock waves strength reproducibility during pump–probe experiments. Journal of Applied Physics 120, 035901; doi: 10.1063/1.4958796, http://dx.doi.org/10.1063/1.4958796
  5. Ueno K., Nagashima Y., Seto Y., Matsumoto M., Sakurai T., Ohta H., Takahashi K. and  Uchino T. (2016) Coherent interface structures and intergrainJosephson coupling dense MgO/Mg2Si/MgB2 nanocomposites. J. Appl. Phys. 120, 015102. http://dx.doi.org/10.1063/1.4954875
  6. 瀬戸雄介. 地球深部に沈み込む炭酸塩鉱物の分解反応. (2016, Jan) 岩石鉱物科学, 45巻 1号 21-25.
  7. Sakamaki T., Ohtani E., Fukui H., Kamada S., Takahashi S., Sakairi T., Takahata A., Sakai T., Tsutsui S., Ishikawa D., Shiraishi R., Seto Y., Tsuchiya T. and Baron A. (2016, Feb.) Constraints on Earth’s inner core composition inferred from measurements of the sound velocity of hcp-iron in extreme conditions. Science Advances, Vol. 2, no. 2, e1500802, DOI: 10.1126/sciadv.1500802.
  8. Ohuchi T., Nishihara Y., Seto Y., Kawazoe T., Nishi M., Maruyama G., Hashimoto M., Higo Y., Funakoshi K., Suzuki A., Kikegawa T., Irifune T. (2015, June) In situ observation of crystallographic preferred orientation of deforming olivine at high pressure and high temperature. Physics of the Earth and Planetary Interiors. doi:10.1016/j.pepi.2015.04.004.
  9. Hattori T., Sano-Furukawa A., Arima H., Komatsu K., Yamada A., Inamura Y., Nakatani T., Seto Y., Nagai T., Utsumi W., Iitaka T., Kagi H., Katayama Y., Inoue T., Otomo T., Suzuya K., Kamiyama T., Arai M., Yagi T. (2015, Apr.) Design and performance of high-pressure PLANET beamline at Pulsed Neutron Source at J- PARC. Nuclear instruments and methods in physics research section A, 780, 21, 55-67, doi:10.1016/j.nima.2015.01.059.
  10. Kim D., Katayama I, Wallis S., Michibayashi K., Miyake A., Seto Y., Azuma S. (2015, Feb.) Deformation microstructures of glaucophane and lawsonite in experimentally deformed blueschists: Implications for intermediate-depth intraplate earthquakes, Journal of Geophysical Research: Solid Earth, 120,2,1229-1242, DOI: 10.1002/2014JB011528.
  11. Li L.,  Nagai T., Seto, Y., Fujino K., Kawano J., Itoh S. (2015, Feb.) Superior solid solubility of MnSiO3 in CaSiO3 perovskite. Physics and Chemistry of Minerals, 42, 123-129.
  12. Nagaya T.,  Wallis S. R., Kobayashi H., Michibayashi K., Mizukami T.,  Seto Y.,  Miyake A., Matsumoto M. (2014, Dec.)  Reply to comment by Nozaka on “Dehydration breakdown of antigorite and the formation of B-type olivine CPO”. Earth and Planetary Science Letter, 408, 406-407. 10.1016/j.epsl.2014.10.026
  13. Yoneda A., Fukui H., Xu F., Nakatsuka A., Yoshiasa A., Seto Y., Ono K.,  Tsutsui S., Uchiyama H., Baron A.Q.R. (2014, Mar)Elastic anisotropy of experimental analogues of perovskite and post perovskite help to interpret D′′ diversity. Nature Communications, DOI: 10.1038/ncomms4453
  14. Fujino K., Nishio-Hamane D., Nagai T. Seto Y., Kuwayama Y., Whitaker M., Ohfuji H., Shinmei T.,  Irifune T. (2014, Mar) Spin transition, substitution, and partitioning of iron in lower mantle minerals. Physics of the Earth and Planetary Interiors, 228, 186–191.
  15. Nagaya T.,  Wallis S. R., Kobayashi H., Michibayashi K., Mizukami T.,  Seto Y.,  Miyake A., Matsumoto M. (2014, Feb) Dehydration breakdown of antigorite and the formation of B-type olivine CPO, Earth and Planetary Science Letter, 387, 67–76. doi: 10.1016/j.epsl.2013.11.025
  16. Matsumoto M., Tomeoka K., Seto Y., Miyake A., Sugita M. (2014, Feb.) Nepheline and sodalite in the matrix of the Ningqiang carbonaceous chondrite: Implications for formation through parent-body processes. Geochimica et Cosmochimica Acta, 126, 441-454.
  17. Ohtani E. Shibazaki Y., Sakai T., Mibe K., Fukui H., Kamada S., Sakamaki T., Seto Y., Tsutsui S., Baron A. (2013, Oct.) Sound velocity of hexagonal close-packed iron up to core pressures. Geophysical Research Letter, 40, 5089-5094, doi: Doi 10.1002/Grl.50992.
  18. 瀬戸雄介. 多結晶体からの二次元回折パターン解析手法の開発. (2012, May) 高圧力の科学と技術, 22巻 2号 144-152.
  19. Niwa K.,Miyajima N., Seto Y., Ohgushi K., Gotou H., Yagi T. (2012, Mar) In-situ observation of shear stress-induced perovskite to post-perovskite phase transition in CaIrO3 and the development of its deformation texture in a diamond-anvil cell up to 30 GPa. Physics of the Earth and Planetary Interiors, 194-195, 10–17.
  20. Fujino, K., Nishio-Hamane, D., Seto, Y., Sata, N., Nagai, T., Shinmei, T., Irifune, T., Ishii, H., Hiraoka, N., Cai, Y.-Q., and Tsuei, K.-D. (2012, Feb) Spin transition of ferric iron in Al-bearing Mg-perovskite up to 200 GPa and its implication for the lower mantle. Earth and Planetary Science Letters, 317-318, 407-412.
  21. Wallis S.R., Kobayashi H., Nishii A., Mizukami T. & Seto Y. (2011, Dec) Obliteration of olivine crystallographic preferred orientation patterns in subduction-related antigorite-bearing mantle peridotite: an example from the Higashi-Akaishi body, SW Japan. In ‘Deformation Mechanism, Rheology & Tectonics: Microstructures, Mechanics & Anisotropy’, edited by D. Prior & E. Rutter. Geological Society of London Special Publications, v. 360; p. 113-127, doi: 10.1144/SP360.7.
  22. Yurimoto, H., Abe K., Abe M, Ebihara M, Fujimura A, Hashiguchi M, Hashizume K, Ireland TR, Itoh S, Katayama J, Kato C , Kawaguchi J, Kawasaki N, Kitajima F, Kobayashi S, Meike T, Mukai T, Nagao K, Nakamura T, Naraoka H, Noguchi T, Okazaki R, Park C, Sakamoto N, Seto Y, Takei M, Tsuchiyama A, Uesugi M, Wakaki S, Yada T, Yamamoto K, Yoshikawa M, Zolensky ME. (2011, Aug) Oxygen Isotopic Compositions of Asteroidal Materials Returned from Itokawa by the Hayabusa Mission. Science, 333, 1116-1119 DOI:10.1126/science.1207776.
  23. Ozawa H., Hirose K., Ohta K., Ishii H., Hiraoka N., Ohishi Y., Seto Y.(2011, Oct) Spin crossover, structural change, and metallization in NiAs-type FeO at high pressure. Physical Review B, 84, 134417, DOI: 10.1103/PhysRevB.84.134417.
  24. Takasawa S., Nakamura A. M., Kadono T., Arakawa M., Dohi K., Ohno S., Seto Y., Maeda M., Shigemori K., Hironaka Y., Sakaiya T., Fujioka S., Sano T., Otani K., Watari T., Sangen K., Setoh M., Machii N. and Takeuchi T. (2011, June) Silicate Dust Size Distribution from Hypervelocity Collisions: Implications for Dust Production in Debris Disks. Astrophysical Jounal Letters, 733:L39(4p), doi: 10.1088/2041-8205/733/2/L39
  25. Matsumoto K., Uenaka Y., Seto Y., Yashiro H., Nakamura H., Kimura T., and Uchino T. (2010, Dec) Synthetic Condition to Generate Magnesium-Related Acceptor Levels in Silicon, J. Appl. Phys. 108, 113706 (2010); doi:10.1063/1.3517412.
  26. Nishio-Hamane D., Yagi T., Ohshiro M., Niwa K., Okada T., Seto Y. (2010, Sep) Decomposition of perovskite FeTiO3 into wustite Fe1-xTi0.5xO and orthorhombic FeTi3O7 at high pressure. Physical Review B., 82, 092103.
  27. 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉, 佐多 永吉. (2010,Aug) X線回折実験における統合解析支援ソフトウェアの開発. 高圧力の科学と技術, 20巻 3号 269-276
  28. Nagai, T., Ishido, T., Seto. Y., Nishio-Hamane. D, Sata. N. and Fujino. K. (2010, Mar) Pressure-induced spin transition in FeCO3-siderite studied by X-ray diffraction measurements. Jour. Physics: Conference Series, doi: 10.1088/1742-6596/215/1/012002.
  29. Seto Y., Nishio-Hamane D., Nagai T., Sata N., and Fujino K. (2010, Mar) Synchrotron X-ray diffraction study for crystal structure of solid carbon dioxide CO2-V. Journal of Physics: Conference Series, doi: 10.1088/1742-6596/215/1/012015.
  30. Watabe K., Seto Y., and Miura H. (2009) Crystal structure 3MgO・2CO2 solved by Monte Carlo simulation. Journal of Computer Chemistry Japan, 8, 179-182.
  31. Fujino K., Nishio-Hamane D., Suzuki K., Izumi H., Seto Y. and Nagai T. (2009, Dec) Stability of the perovskite structure and possibility of the transition to the post-perovskite structure in CaSiO3, FeSiO3, MnSiO3 and CoSiO3. Physics of the Earth and Planetary Interiors, 177, 147-151.
  32. Sugita M., Tomeoka K., Seto Y. (2009, Oct) Sodium-metasomatism of Ca-Al-rich inclusions in the anomalous carbonaceous chondrite Ningqiang. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 104, 296-300.
  33. Maeda M, Tomeoka K, Seto Y. (2009, Apr) Early aqueous alteration process in the QUE97990 and Y791198 CM carbonaceous chondrites. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 104, 92-96.
  34. Sinmyo, R., Hirose K., Nishio-Hamane D., Seto Y., Fujino K., Sata N., and Ohishi Y. (2008, Sep), Partitioning of iron between perovskite/post-perovskite and ferropericlase in the lower mantle, ‘Journal of Geophysical Research’, doi:10.1029/2008JB005730.
  35. Seto Y., Sakamoto N., Fujino K., Kaito T., Oikawa T. and Yurimoto H. (2008, June) Mineralogical characterization of a unique material having heavy oxygen isotope anomaly in matrix of the primitive carbonaceous chondrite Acfer 094. Geochimica et Cosmochimica Acta, 72, 2723-2734.
  36. Nishio-Hamane D., Seto Y., Fujino K., and Nagai T. (2008, Feb) Effect of FeAlO3 incorporation into MgSiO3 on the bulk modulus of perovskite, Physics of the Earth and Planetary Interiors, 166, 219-225.
  37. Fujino K., Suzuki K., Hamane D. Seto Y., Nagai T., Sata N. (2008, Apr.) High pressure phase relation of MnSiO3 up to 85 GPa: Existence of MnSiO3 perovskite. American Mineralogist, 93, 653-657.
  38. Seto Y., Hamane D., Nagai T., and Fujino K. (2008, Feb) Fate of carbonates within oceanic plate subducted to the lower mantle and a possible mechanism of diamond formation. Physics and Chemistry of Minerals, 35, 223-229.
  39. Nishio-Hamane D., Seto Y., Nagai T., and Fujino K.(2007, Oct) Ferric iron and aluminum partitioning between MgSiO3- and CaSiO3- perovskites under the oxidizing conditions. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 102, 291-297.
  40. Sakamoto N., Seto Y., Itoh S., Kuramoto K., Fujino K., Nagashima K., Krot A.N., and Yurimoto H. (2007, Jul) Remnants of the Early Solar System Water Enriched in Heavy Oxygen Isotopes. Science 317, 231-233.
  41. Nishio-Hamane D., Fujino K., Seto Y., and Nagai T. (2007, Jun) Effect of the incorporation of FeAlO3 into MgSiO3 perovskite on the post-perovskite transition. Geophysical Research Letters, 34, L12307, doi:10.1029/2007GL029991.
  42. Takafuji N., Nagai T., Fujino K., Seto Y., and Hamane D.(2006, Dec) Decarbonation reaction of magnesite in subducting slabs at the lower mantle. Physics and Chemistry of Minerals, 33, 651-654.
  43. Seto Y., Ohi, S., Shimobayashi N., Kitamura M., Miyake A., Hiroi Y., and Grantham G.H. (2006, Feb) Clinopyroxene exsolution in wollastonite from Namaqualand granulite, South Africa. American Mineralogist, 91, 446-450.
  44. Nishio-Hamane D., Nagai T., Fujino K., Seto Y., and Takafuji N. (2005, Aug) Fe3+ and Al solubilities in MgSiO3 perovskite: implication of the Fe3+AlO3 substitution in MgSiO3 perovskite at the lower mantle condition. Geophysical Research Letter, 32, L16306, doi:10.1029/2005GL023529.
  45. Seto Y., Shimobayashi N., Miyake A., and Kitamura M. (2004, Feb) Composition and I4/mP42/n phase relation in scapolite solid solutions. American Mineralogist, 89, 257-265.
  46. Miyake A., Seto Y., and Kitamura M. (2003, Oct) A cooling rate constraint on microtextural development of plagioclase and scapolite: an example from the Lutzow-Holm Complex, East Antarctica. Polar Geoscience, 16, 100-107.
  47. Matsumoto M., Wallis S., Aoya M., Enami M., Kawano J., Seto Y. and Shimobayashi, N. (2003, May) Petrological constraints on the formation conditions and retrograde P-T path of the Kotsu eclogite unit, central Shikoku. Journal of Metamorphic Geology, 21, 363-376.

査読無論文, 報告書

  1. 下林 典正、三宅 亮、瀬戸 雄介. (2005, Dec) 奈良県天川村産レインボー,ガーネットについて. Gemology, 435.
  2. Motai S., Nagai T., and Seto Y. (2007, Sep) Phase relation in the Ca2+Ti4+O3-Y3+Ga3+O3 system, Photon Factory Activity Report 2006 Part B, 24, 119.
  3. Nishio-Hamane D., Nagai T., Seto Y., Fujino K. (2007, Sep) Effect of the incorporation of Fe3+AlO3 into MgSiO3 perovskite on the phase transition to post-perovskite, Photon Factory Activity Report 2006 Part B, 24, 206.

著書

  1. 瀬戸 雄介, 永井 隆哉. (2014, Jun) 第7章2節 X 線・放射光利用分析法, マイクロビームアナリシス・ハンドブック (分担執筆) p570-576, オーム社.
  2. 富岡 尚敬, 瀬戸 雄介. (2014, Jun) 第7章1節 電子顕微鏡法, マイクロビームアナリシス・ハンドブック (分担執筆) p583-589, オーム社.

学術会議・学会等

  1. 尾崎 典雅, ALBERTAZZI Bruno, 松岡健 之, HARTLEY Nicholas, FAENOV Anatoly , MORARD Guillaume, 羽原 英明, HARMAND Marion , 犬伏 雄一 , 石川 哲也 , 片山 哲夫 , KOENIG Michel , KRYGIER Andy , 松山 智至 , McBRIDE Emma, 宮西宏併, 奥地 拓生 , PIKUZ Tatiana, 佐藤 友子, 坂田 修身, 瀬戸 雄介, 関根 利守, 田中 和夫, 高橋 謙次郎, 丹下 慶範 , 富樫 格, 梅田 悠平, VINCI Tommaso, 矢橋 牧名, 薮内 俊毅, 山内 和人, 兒玉 了祐. 第56回高圧討論会, 1B06, 茨城県筑波大学, 2016年10/26-28 (発表26日)
  2. 丹下 慶範 , 瀬戸 雄介 , 尾崎 典雅, 奥地 拓生, 宮西 宏併, HARTLEY Nicholas, 梅田 悠平, 西川 豊人, OCHANTE Ricardo, 松岡 健之, 高橋 謙次郎, 松山 智至, 山内 和人, 佐藤 友子, 関根 利守, 田中 和夫, 兒玉 了祐, 籔内 俊毅, 犬伏 雄一, 矢橋 牧名. X 線自由電子レーザーを用いた衝撃波伝搬過程の時分割その場観察. 第56回高圧討論会, 1B08, 茨城県筑波大学, 2016年10/26-28 (発表26日)
  3. 宮西 宏併, 尾崎 典雅, 松岡 健之, 瀬戸 雄介, 丹下 慶範, 犬伏 雄一, 石川 哲也, KOENIG Michel, 松山 智至, 奥地 拓生, 佐藤 友子, 坂田 修身, 関根利守, 田中 和夫, 富樫 格, VINCI Tommaso, 池上 温史, 梅田 悠平, 大月 崇史, OCHANTE Ricardo, 高橋 謙次郎, 西川 豊人, 野間 澄人, HARTLEY Nicholas, 羽原 英明, PIKUZ Tatiana, FAENOV Anatoly, 藤本 陽平, 松村 祐介, 矢橋 牧名, 籔内 俊毅, 山内 和人, 兒玉 了祐. 一軸圧力負荷下における単結晶ゲルマニウムの構造相転移.  第56回高圧討論会, 1B09, 茨城県筑波大学, 2016年10/26-28 (発表26日)
  4. 関根 利守, 梅田 悠平, 佐藤 友子, 尾崎 典雅, 兒玉 了祐, 田中 和夫, 松岡 健之, 丹下 慶範, 瀬戸 雄介, 犬伏 雄一, 富樫 格, 薮内 俊毅. 層状鉱物のショック圧縮下での XFEL での構造変化の観察.  第56回高圧討論会, 1B10, 茨城県筑波大学, 2016年10/26-28 (発表26日)
  5. 奥地 拓生,  尾崎 典雅,  瀬戸 雄介,  丹下 慶範,  関根 利守,  PUREVJAV Narangoo, 梅田 悠平, 松岡 健之, 高橋 謙次郎, 宮西 宏併,  犬伏 雄一,  矢橋 牧名,  山内 和人,  田中 和夫,  兒玉 了祐. フォルステライト単結晶のレーザー衝撃圧縮XFEL時間分解観察. 第56回高圧討論会, 1B13, 茨城県筑波大学, 2016年10/26-28 (発表26日)
  6. 髙橋 謙次郎, 尾崎 典雅, 松岡 健之, 末田 敬一, 宮西 宏併, HARTLEY Nicholas, ALBERTAZZI Bruno, 羽原 英明, FAENOVAnatoly, PIKUZ Tatiana, 藤本 陽平, HARMAND Marion, 硲 崚, 池上 温史, 犬伏 雄一, 松村 祐介, 松山 智至, MORARD Guillaume, 西川 豊人, 野間 澄人, OCHANTE Ricardo, 奥地 拓生, 大月 崇史, 坂田 修身, 佐藤 友子, 関根 利守, 瀬戸 雄介, 丹下 慶範, 富樫 格, 冨澤 宏光, 梅田 悠平, 薮内 俊毅, 山内 和人, KOENIG Michel, 田中 和夫, 矢橋 牧名, 兒玉 了祐パワーレーザーと XFEL によるレーザー衝撃圧縮ダイナミクスのその場観測実験装置の開発. 第56回高圧討論会, 2C04 , 茨城県筑波大学, 2016年10/26-28 (発表27日)
  7. 松岡 健之, 尾崎 典雅, 奥地 拓生, 瀬戸 雄介, 宮 西 宏併, 高橋 謙次郎, 羽原 英明, 犬伏 雄一, 籔内 俊毅, 富樫 格, 館野 繁彦, 平尾 直久, 大石 泰生, FAENOV Anatoly, PIKUZ Tatiana, 兒玉 了祐, 田中 和夫, 矢橋 牧名, 石川 哲也. 40TW レーザー照射痕の形状解析によるレーザー空間プロファ イルの推定と X 線回折による残存構造の解析. 第56回高圧討論会, 1P57, 茨城県筑波大学, 2016年10/26-28 (発表26日)
  8. 庄田 直起, 留岡 和重, 瀬戸雄介, 三宅亮. モコイアCV3隕石マトリックスの短冊状オリ ビンの成因:TEMおよびSEM-EBSDによる観 察と解析. 日本鉱物科学会2016年年会, 東京大学, R5-20, 2016/9/23-25 (発表23日).
  9. 市村 隼, 瀬戸雄介, 留岡 和重. コンドライト母天体内におけるネフェリン形 成:水熱・加熱実験による検証. 日本鉱物科学会2016年年会, 東京大学, R5-22, 2016/9/23-25 (発表23日).
  10. 鈴木康太, 庄田直起, 市村隼, 瀬戸雄介, 雰囲気制御ガス浮遊システムの開発: コンド リュール組織の再現を目指して *.  日本鉱物科学会2016年年会, 東京大学, R5-22, 2016/9/23-25 (発表23日).
  11. 松本恵, 瀬戸 雄介, 佐野 拓郎, 鈴木康太, 兵頭 政幸, 三宅 亮, 浜根 大輔, 境家達弘. 中国レス中の土壌化起源磁性ナノ粒子のTEM 観察. 日本鉱物科学会2016年年会, 東京大学, R4-06, 2016/9/23-25 (発表25日).
  12. 瀬戸 雄介, 松本 恵. 電子線回折パターンの自動解析・指数付け方法の開発. 日本鉱物科学会2016年年会, 東京大学, R1-P02, 2016/9/23-25 (発表23日).
  13. 永冶 方敬  ウォリス サイモン, 瀬戸 雄介, 三宅 亮, 曽田 祐介, 上原 誠一郎, 松本 恵. SEM-EBSD測定における指数付けの誤りがアンチゴライトのCPOパターンに与える影響. 日本鉱物科学会2016年年会, 東京大学, R7-P01, 2016/9/23-25 (発表23日).
  14. Matsukage K, Liu X, Nishihara Y, Suzuki T, Seto Y & Takahashi E. Subducting Basaltic Crust as a Water Transporter into the Earth’s Mantle Transition Zone. Goldschmidt Conference 2016, Yokohama, Japan. Poster board 95 in Session 07e, Jun 28th, 2016.
  15. Tomizawa R, Maruyama D, Nakashima S, Suzuki M, Ohnishi I, Seto Y, Matsumoto M, Nishimura R & Fukuyama Y. Observations of PM2.5 Sampled in Osaka with SEM/TEM-Eds, IR and Raman Spectroscopy. Goldschmidt Conference 2016, Yokohama, Japan. Poster board 235 in Session 12h, Jun 29th, 2016.
  16. Nishihara Y, Ohuchi T, Kawazoe T, Maruyama G, Seto Y, Higo Y, Funakoshi K-I & Tange Y. Lattice-Preferred-Orientation of hcp Metals Studied by High-Pressure Deformation. Goldschmidt Conference 2016, Yokohama, Japan. 18c, Jun 30th, 2016.
  17. 市村 隼、瀬戸 雄介、留岡 和重 . 炭素質コンドライト中のネフェリン形成過程: 再現実験によるアプローチ. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS12-P09, 2016/5/22-26 (発表24日).
  18. 松本 恵、留岡 和重、瀬戸 雄介、三宅 亮. NWA 1232 CO隕石中のCO3.0-likeクラストに見られる水質変成の痕跡. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS12-09, 2016/5/22-26 (発表24日).
  19. 鈴木 康太、庄田 直起、市村 隼、瀬戸 雄介. 管状炉型雰囲気制御ガス浮遊システムの開発: コンドリュール組織の再現を目指して. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS12-01, 2016/5/22-26 (発表24日).
  20. 佐野 拓郎、兵頭 政幸、松本 恵、瀬戸 雄介、楊 天水. 電子顕微鏡を用いた中国レスにおける土壌化起源磁性ナノ粒子の観察. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SEM34-P02, 2016/5/22-26 (発表24日).
  21. 松影 香子、西原 遊、Liu Xingcheng、鈴木 敏弘、瀬戸 雄介、高橋 栄一. 鉄チタン水酸化物によるマントル遷移帯への水輸送. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SCG57-P10, 2016/5/22-26 (発表24日).
  22. 崔 仁士、小川 諒、中村 昭子、瀬戸 雄介、小川 和律. 空隙のある天体表面の衝突脱水模擬実験. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS11-P18, 2016/5/22-26 (発表25日).
  23. 西原 遊、大内 智博、川添 貴章、丸山 玄太、瀬戸 雄介、肥後 祐司、舟越 賢一、丹下 慶範. 高圧変形その場観察実験によるhcp金属の格子選択配向の研究. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SCG58-18, 2016/5/22-26 (発表22日).
  24. 北山 晃、土山 明、中村 隆太、三宅 亮、中野 司、上杉 健太朗、竹内 晃久、伊神 洋平、高山 亜紀子、瀬戸 雄介、伊藤 正一、ゾレンスキー マイケル. 炭素質コンドライト中の六角板状をした方解石負晶および抜け殻結晶様空隙について. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS12-P10, 2016/5/22-26 (発表24日).
  25. 鹿山 雅裕、富岡 尚敬、大谷 栄治、中嶋 悟、瀬戸 雄介、長岡 央、Fagan Timothy、Götze Jens、三宅 亮、小澤 信、関根 利守、宮原 正明、松本 恵、庄田 直起、留岡 和重. 月隕石に記録された水に富む月の上部マントル. 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS13-P06, 2016/5/22-26 (発表22日).
  26. 鹿山 雅裕、中嶋 悟、富岡 尚敬、瀬戸 雄介、大谷 栄治、Fagan Timothy、長岡 央、小澤 信、関根 利守、宮原 正明、三宅 亮、福田 惇一、留岡 和重、市村 隼、松本 恵、鈴木 康太、Götze Jens10.
  27. Tange Y., Ozaki N., Matsuoka T., Ogawa T, Albertazzi B, Habara H., Takahashi K., Matsuyama S., Yamauchi K., Tanaka K,  Kodama R., Sato T, Sekine T, Seto Y., Okuchi T.,Yabuuchi T., Inubushi Y. and Yabashi M. In situ XFEL measurement system for Earth and planetary materials under laser-induced ultrahigh-pressure conditions. MR13C-2721. 14th, Dec, 2015. AGU Fall Meeting. San Francisco, USA.
  28. Ohuchi T., Nishihara Y., Seto Y., Kawazoe T., Nishi M., Maruyama G., Hashimoto M., Higo Y., Funakoshi K., Suzuki A., Kikegawa T. and Irifune T., In situ observation of crystallographic preferred orientation of deforming olivine at high pressure and high temperature. T33H-01. 16th, Dec, 2015. AGU Fall Meeting. San Francisco, USA.
  29. 尾崎 典雅・ALBERTAZZI Bruno・ BENUZZI-MOUNAIX Alessandra・DENOEUD Adrien・GREGORI Gianluca・ FAENOV Anatoly・羽原 英明・HARTLEY Nicholas・犬伏 雄一・石川 哲也・片山 哲夫・KOENIG Michel・近藤 良彦・松岡 健之・松山 智 至・宮西 宏併・奥地 拓生・PIKUZ Tatiana・佐藤 友子・佐藤 友 哉・佐野 孝好・坂田 修身・瀬戸 雄介・関根 利守・田中 均・田 中 和夫・高橋 謙次郎・丹下 慶範・土屋 卓久・富樫 格・梅田 悠 平・矢橋 牧名・薮内 俊毅・山内 和人・兒玉 了祐. ハイパワーレーザー及び XFEL を用いた超高圧研究. 第56回高圧討論会, 1B16, 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表10日)
  30. 佐藤 友子・関根 利守・丹下 慶範・尾崎 典雅・羽原 英明・高橋 健次郎・ALBERTAZZI Bruno・籔内 俊毅・田中 和夫・小川 剛史・兒玉 了祐・奥地 拓生・瀬戸 雄介・松山 智至・山内 和人・犬伏 雄一・富樫 格・矢橋 牧名. XFEL を用いた石英の異常弾性挙動のその場 X 線回折観察. 第56回高圧討論会, 3A11 , 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表12日)
  31.  山崎 大輔・村上 元彦・下宿 彰・XU Fang・瀬戸 雄介・平尾 直久. ペロフスカイトからポストペロフスカイトへの相転移における結晶方位関係. 第56回高圧討論会, 3B02, 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表12日)
  32. 小川 剛史・尾崎典雅・高橋 謙次郎・羽原 英明・松岡 健之・田中 和夫・池谷 正太郎・OCHANTE M. Ricardo A.・喜田 美佳・久保田 善大・佐藤 友哉・西川 豊人・野間 澄人・藤本 陽平・松村 祐介・吉田 有佑・松山 智至・佐野 泰久・山内 和人・ALBERTAZZI Bruno・HARTLEY Nicholas・PIKUZ Tatiana・FAENOV Anatoly・犬伏 雄一・丹下 慶範 ・富樫 格・片山 哲夫・矢橋 牧名・薮内 俊毅・梅田 悠平・佐藤 友子・関根 利守・奥地 拓生・瀬戸 雄介・坂田 修身・兒玉 了祐. XFEL を用いた衝撃圧縮下の炭素凝集過程の超高速観察. 第56回高圧討論会, 3C11, 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表12日)
  33. 重岡 優希・佐藤 友子・若林 大佑・西田 圭佑・瀬戸 雄介・船守 展正. 単結晶シリカクラスレートの圧縮挙動. 第56回高圧討論会, 1P31 , 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表10日)
  34.  瀬戸 雄介・佐藤 友子・平尾 直久.  平面検出器を用いた X 線回折スポット解析法の開発 -粒成長・相転移ダイナミクスの解明を目指して-. 第56回高圧討論会, 1P51 , 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表10日)
  35. 丹下 慶範・尾崎 典雅・松岡 健之・小川 剛史・ALBERTAZZI Bruno・羽原 英明・高橋 健次郎・松山 智至・山内 和人・田中 和夫・兒玉 了祐・佐藤 友子・関根 利守・瀬戸 雄介・奥地 拓生・籔内 俊毅・犬伏 雄一・矢橋 牧名.  SACLA における高強度レーザーを用いた衝撃圧縮 XFEL その場観察実験ステーション.  第56回高圧討論会, 1P55, 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表10日)
  36.  松村 祐介・尾崎 典雅・ALBERTAZZI Bruno・HARTLEY. Nicholas・高橋 謙次郎・羽原 英明・松岡 健之・田中 和夫・池谷 正太郎・小川 剛史・OCHANTE MURAY Ricardo Arturo・喜田 美佳・久保田 善大・佐藤 友哉・西川 豊人・野間 澄人・藤本 陽平・吉田 有佑・松山 智至・佐野 泰久・山内 和人・PIKUZ Tatiana・FAENOV Anatoly・犬伏 雄一・丹下 慶範・富樫 格・薮内 俊毅・片山 哲夫・矢橋 牧名・梅田 悠平・佐藤 友子・関根 利守・奥地 拓生・瀬戸 雄介・坂田 修身・兒玉 了祐. XFEL を用いたハイパワーレーザーショック下における鉄の相転移観察. 第56回高圧討論会, 2P55, 広島県広島市 JMSアステールプラザ , 2015年11/10-12 (発表11日)
  37. 佐野 拓郎; 兵頭 政幸; 松本 恵; 瀬戸 雄介; 楊 天水. 中国レスにおける二次生成磁性ナノ粒子の探査. 第138回地球電磁気・地球惑星圏学会総会および講演会. 2015.10.
  38. 瀬戸雄介, 飯国恒之, 市村隼. 炭素質コンドライトの水質変成組織: アエンデ隕石を用いた再現実験的アプローチ. 日本鉱物科学会2015年年会, 東京大学, R5-04, 2015/9/25-27 (発表25日)
  39. 鹿山雅裕, 富岡尚敬, 大谷栄治, 瀬戸雄介, 中嶋悟, 関根利守, 宮原正明, 小澤信, 三宅亮, 福田惇一, 留岡和重, 西戸裕嗣, Gotze Jens, Fagan Timothy. 月隕石に存在する水の痕跡と水に富む月のマントル.日本鉱物科学会2015年年会, 東京大学, R5-042, 2015/9/25-27 (発表25日)
  40. M. Matsumoto; K. Tomeoka; Y. Seto; A. Miyake; M. Kiriishi; M. Umehara; Y. Yamamoto; D. Nishio-Hamane. HYDRATED, UNMETAMORPHOSED CLASTS IN THE NWA 1232 CO3 CARBONACEOUS CHONDRITE. 78th Annual Meeting of the Meteoritical Society. 2015. 7.
  41. M. Sakai; K. Tomeoka; Y. Seto; A. Miyake. PSEUDOMORPHS OF CHONDRULES AND CAIs IN DARK CLASTS IN THE ALLENDE CV3 CHONDRITE. 78th Annual Meeting of the Meteoritical Society. 2015.7.
  42. 鹿山 雅裕, 富岡 尚敬, 大谷 栄治, 瀬戸 雄介, 福田 惇一, 関根 利守, 宮原 正明, 小澤 信, 三宅 亮, 留岡 和重, Fagan Timothy, 西戸 裕嗣. 月隕石に存在する水の痕跡. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS22-P14, 2015/5/24-28 (発表27日).
  43. 飯国 恒之, 瀬戸 雄介, 留岡 和重, 三宅 亮, 市村 隼. 還元的条件下におけるアエンデ隕石の水熱変成実験. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS22-P06, 2015/5/24-28 (発表27日).
  44. 酒井 碧, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 三宅 亮. MAC 88107隕石の微細組織:この隕石は本当に星雲集積岩か. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS22-05, 2015/5/24-28 (発表28日).
  45. 市村 隼, 瀬戸 雄介, 留岡 和重, 大井 修吾. 水熱変成・脱水加熱実験による炭素質コンドライト中に見られるネフェリン形成過程の推定. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS22-04, 2015/5/24-28 (発表28日).
  46. 松本 恵, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 三宅 亮, 桐石 美帆, 梅原 まり子, 山本 由紀子, 浜根 大輔. NWA1232 CO3隕石に含まれる水質変成の痕跡を示すクラスト. 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ 国際会議場,  P-PS22-02,  2015/5/24-28 (発表28日).
  47. 中嶋 悟, 岡田 実紗, 鈴木 実, 大西 市朗, 瀬戸 雄介, 松本 恵, 西村 理恵, 福山 由依子. 多変量解析機能付SEM/TEM-EDSによる大気微粒子(PM2.5)の解析.日本顕微鏡学会第71回記念学術講演会, 国立京都国際会館 , 2015年5/13-15 (発表5/14).
  48. 瀬戸 雄介. 複雑な電子線回折パターンに対する半自動的指数付け方法の開発. P_I-38, 日本顕微鏡学会第71回記念学術講演会, 国立京都国際会館 , 2015年5/13-15 (発表5/14).
  49. 瀬戸 雄介. 二次元回折の全パターン解析 -多結晶体の物性解明を目指して-. 第55回高圧討論会, 2P71,徳島県 徳島大学 , 2014年11/22-24 (発表23日).
  50. 尾崎 典雅, 松岡 健之, 佐野 智一, 犬伏 雄一, 富樫 格, 籔内 俊毅, 羽原 英明, ALBERTAZZI Bruno, 松山 智至, 山内 和人, 田中 和夫, 廣瀬 明夫, 近藤 良彦, 佐藤 友哉, 松田 朋己, 浦西 浩幸, 中塚 和樹, 林 圭輔, 喜田 美佳, 小川 剛史, 池谷 正太郎, 山下 真直, 白石 亮平, 中口真 之介, 松山 法央, 丹下 慶範, 土屋 卓久, 佐藤 友子, 関根 利守, 梅田 悠平, 奥地 拓生, PUREVJAV Narangoo, 瀬戸 雄介, 坂田 修身, 佐野 雄二, 末田 敬一, 小川 奏, 佐藤 尭洋, HARMAND Marion, MORARD, Guillaume, KOENIG Michel, 矢橋 牧名, 兒玉 了佑. XFEL-SACLA を用いた超高圧下の格子ダイナミクス観察. 第55回高圧討論会, 3B04,徳島県 徳島大学 , 2014年11/22-24 (発表24日).
  51. 佐藤 友子, 関根 利守, 丹下 慶範, 尾崎 典雅, 松岡 健之, 近藤 良彦, 羽原 英明, 籔内 俊毅, 田中 和夫, 佐藤 友哉, 池谷 正太郎, 喜田 美佳, 小川 剛史, 兒玉 了祐, 奥地 拓生, 瀬戸 雄介, 犬伏 雄一, 富樫 格, 矢橋 牧名. XFEL を用いた石英の高歪速度圧縮下その場回折測. 第55回高圧討論会, 1A15,徳島県 徳島大学 , 2014年11/22-24 (発表22日).
  52. 川田 早月, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. Yamato-82094炭素質コンドライト(ungrouped)のコンドリュール,リム,マトリックスの成因的関係. 日本鉱物科学会2014年年会, 熊本県 熊本大学, R5-P02, 2014/9/17-19 (発表17日)
  53. 富永 裕貴, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. Vigarano CV3隕石のコンドリュールを囲む オリビンに富むリムの成因. 日本鉱物科学会2014年年会, 熊本県 熊本大学, R5-10, 2014/9/17-19 (発表17日)
  54. 森家 智嗣, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 前田 誠, 三宅 亮, 浜根 大輔. Yamato-81020(CO3),Murchison(CM2),Cold Bokkeveld(CM2)コンドライトに含まれるCI に似た微小クラスト. 日本鉱物科学会2014年年会, 熊本県 熊本大学, R5-07, 2014/9/17-19 (発表17日)
  55. 松本 恵, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 桐石 美帆, 梅原 まり子, 山本 由紀子, 三宅 亮, 浜根 大輔. NWA1232 CO3隕石中の微小クラストの集合からなる岩相. 日本鉱物科学会2014年年会, 熊本県 熊本大学, R5-07, 2014/9/17-19 (発表17日)
  56. 瀬戸 雄介, 市村 隼, 森家 智嗣, 松野 淳也, 土’山 明, 高橋 竜平, 小原 真司. 還元ガス浮遊法によるコンドリュール微細組織の再現実験. 日本鉱物科学会2014年年会, 熊本県 熊本大学, R5-06, 2014/9/17-19 (発表17日)
  57. 飯国 恒之, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 市村 隼, 松本 恵. Allende炭素質コンドライトの還元的条件下における 水熱変成実験.  日本鉱物科学会2014年年会, 熊本県 熊本大学, R5-03, 2014/9/17-19 (発表17日)
  58. 酒井 碧, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 三宅 亮. Allende隕石中のdark clast: 母天体における水熱変成の検証.  日本鉱物科学会2014年年会, 熊本県 熊本大学, R5-02, 2014/9/17-19 (発表17日)
  59. Seto Y. Texture and strain analyses of polycrystalline materials using two-dimensional X-ray diffraction patterns under DAC experiments. 21st General Meeting of IMA. Sep. 1-5, 2014, Johannesburg, Gauteng, South Africa.
  60. 瀬戸 雄介, 市村 隼, 松野 淳也, 高橋 竜平, 土’山 明, 小原 真司. ケイ酸塩溶融急冷物質の微細組織: コンドリュール形成過程の解明を目指して. P_M-07, 日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会, 幕張メッセ 国際会議場 , 2014年5/11-13 (発表5/11).
  61. 永冶 方敬, ウォリス サイモン, 小林 広明, 道林 克禎, 水上 知行, 瀬戸 雄介, 三宅 亮, 松本 恵. Olivine CPO in non-deformed peridotite due to topotactic replacement of antigorite, SIT04-P05, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 神奈川県 パシフィコ横浜 , 2014年4/28-5/2 (発表4/28).
  62. 大内 智博, 西原 遊, 瀬戸 雄介, 川添 貴章, 西 真之, 丸山 玄太, 肥後 祐司, 舟越 賢一, 鈴木 昭夫, 亀卦川 卓美, 入舩 徹男. カンラン石の結晶方位定向配列発達の高温高圧下その場観察実験:上部マントルの地震波速度異方性の強度発達, SIT38-13, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 神奈川県 パシフィコ横浜 , 2014年4/28-5/2 (発表4/30).
  63. 瀬戸 雄介, 市村 隼, 松野 淳也, 高橋 竜平, 土’山 明, 小原 真司. コンドリュール及びCAI微細組織の再現実験: 還元ガス浮遊法によるアプローチ. PPS25-10, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 神奈川県 パシフィコ横浜 , 2014年4/28-5/2 (発表5/2).
  64. 松本 恵, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 山本 由紀子, 梅原 まり子, 三宅 亮, 浜根 大輔. NWA1232 CO3隕石中の熱変成度の異なる岩片を含む岩相. PPS25-11, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 神奈川県 パシフィコ横浜 , 2014年4/28-5/2 (発表5/2).
  65. 飯国 恒之, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. Allende隕石の水熱変成実験: 隕石母天体の水質環境の解明を目指して. PPS25-12, 日本地球惑星科学連合2014年大会, 神奈川県 パシフィコ横浜 , 2014年4/28-5/2 (発表5/2).
  66. 辻野 典秀, 西原 遊, 山崎 大輔, 瀬戸 雄介, 高橋 栄一. 変形実験による(Mg,Fe)SiO3-ペロブスカイトの結晶選択配向. 第54回高圧討論会, 2B03, 新潟県 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター , 2013年11/14-16 (発表15日).
  67. 西原 遊, 大内 智博, 川添 貴章, 丸山 玄太, 肥後 祐司, 舟越 賢一, 瀬戸 雄介, 入舩 徹男. hcpFeの剪断誘起格子選択配向. 第54回高圧討論会, 2B02, 新潟県 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター , 2013年11/14-16 (発表15日).
  68. 瀬戸 雄介, 西原 遊, 辻野 典秀.  二次元回折全パターンフィッティングによる多相同時解析手法の開発. 第54回高圧討論会, 2B01, 新潟県 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター , 2013年11/14-16 (発表15日).
  69. 浜根 大輔, 出倉 春彦, 瀬戸 雄介, 八木 健彦. ZrO2におけるポストコチュナイト転移. 第54回高圧討論会, 1D19, 新潟県 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター , 2013年11/14-16 (発表14日).
  70. 川田 早月, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 木村 眞. 化学的・組織的に特異なCO3コンドライトYamato-82094の鉱物学的特徴.  日本鉱物科学会2013年年会, 茨城県 筑波大学, R5-P04, 2013/9/11-13 (発表11日)
  71. 瀬戸 雄介, 市村 隼, 松野 淳也, 土’山 明, 三宅 亮, 高橋 竜平, 小原 真司. 浮遊加熱法によるコンドライト模擬物質の溶融急冷組織. 日本鉱物科学会2013年年会, 茨城県 筑波大学, R5-02, 2013/9/11-13 (発表11日)
  72. 米田 明, 福井 宏之, 瀬戸 雄介, 筒井 智嗣, 内山 裕士, バロン アルフレッド, 中塚晃彦, 吉朝 朗, 渡辺 了, 小野 謙弥. X線非弾性散乱法によるPbnm-CaIrO3、 Cmcm-CaIrO3、アンチゴライトの結晶弾性定数決定.  日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SIT04-02, 2013/5/19-24 (発表19日).
  73. 西原 遊,  大内 智博,  川添 貴章, 丸山 玄太, 肥後 祐司, 舟越 賢一, 瀬戸 雄介, 入舩 徹男. 剪断変形によるhcp鉄の格子選択配向. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SIT03-03, 2013/5/19-24 (発表21日).
  74. 佐野 亜沙美, 永井 隆哉, 飯塚 理子, 瀬戸 雄介, 栗林 貴弘, 服部 高典. 中性子回折実験によるローソナイトの高圧下相転移の観察. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SMP46-07, 2013/5/19-24 (発表22日).
  75. 飯塚 理子, 永井 隆哉, 佐野 亜沙美, 瀬戸 雄介, 栗林 貴弘, 服部 高典, 鍵 裕之. J-PARC, PLANETでの高温高圧中性子回折その場観察によるportlanditeの水素位置決定. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SMP46-08, 2013/5/19-24 (発表22日).
  76. 永井 隆哉, 佐野 亜沙美, 飯塚 理子, 鍵 裕之, 瀬戸 雄介, 栗林 貴弘, 服部 高典. 水素系物質と中性子の地球惑星科学. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SMP46-09, 2013/5/19-24 (発表22日).
  77. 松野 淳也, 土山 明, 小池 千代枝, 茅原 弘毅, 小原 真司, 北島 義典, 吉朝 朗, 瀬戸 雄介, 高橋 竜平, 今井 悠太, 村田 敬介. 非晶質MgSiO3の加熱における構造変化:水の役割. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS25-09, 2013/5/19-24 (発表22日).
  78. 松本 恵, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 三宅 亮, 浜根 大輔. Ningqiang隕石中のコンドリュール・CAIのNa交代変成プロセスの解明. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS24-09, 2013/5/19-24 (発表23日).
  79. 酒井 碧, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 三宅 亮.  Allende隕石に含まれる特異なdark clastの微細組織:前駆岩相と変成履歴の推定. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS24-10, 2013/5/19-24 (発表23日).
  80. 森家 智嗣, 留岡 和重, 瀬戸 雄介, 三宅 亮. Yamato81020 CO3.0 コンドライトに含まれる層状ケイ酸塩鉱物に富むCI-like なクラスト. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS24-11, 2013/5/19-24 (発表23日).
  81. 市村 隼,  瀬戸 雄介, 留岡 和重, 三宅 亮. コンドライト母天体におけるネフェリン形成条件の推定:水熱変成実験による溶液/岩石比と溶液pHへの制約. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS24-12, 2013/5/19-24 (発表23日).
  82. 瀬戸 雄介. DAC実験における選択配向性および格子ひずみの解析手法の開発. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SIT38-17, 2013/5/19-24 (発表23日).
  83. 高橋 竜平, 土山 明, 松野 淳也, 瀬戸 雄介. Mg/Si比を変えたMgO-SiO2系非晶質珪酸塩の水質変成実験. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS24-P14, 2013/5/19-24 (発表23日).
  84. 宇津木 綾香, 瀬戸 雄介, 留岡 和重, 浜根 大輔. コンドライト母天体におけるサーペンティン、スメクタイトの生成条件の推定. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS24-P15, 2013/5/19-24 (発表23日).
  85. 大内 智博, 西原 遊, 瀬戸 雄介, 川添 貴章, 西 真之, 丸山 玄太, 肥後 祐司, 舟越 賢一, 入舩 徹男. カンラン石の結晶方位定向配列発達の高温高圧下その場観察実験. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ 国際会議場, S-IT38, 2013/5/19-24 (発表23日).
  86. 丹下慶範, 桑山靖弘, 瀬戸雄介, 佐野智一, 尾崎典雅, 松田朋己, 浦西宏幸, 中塚和樹, 柏原亮太, 犬伏雄一, 佐藤尭洋, 富樫格, 登野健介, 矢橋牧名. レーザー誘起超高圧状態における地球惑星内部物質のXFELその場観察実験. 第53回高圧討論会, 2B03, 大阪府 大阪大学, 2012年11/7-9 (発表8日).
  87. 瀬戸雄介・19服部高典・佐野亜沙美. J-PARC PLANETにおける中性子位置敏感型検出器(PSD)の幾何学的パラメータの最適化. 第53回高圧討論会, 2P05, 大阪府 大阪大学, 2012年11/7-9 (発表8日).
  88. 遊佐斉・平尾直久・大石泰生・森嘉久・瀬戸雄介. DAC粉末X線回折における試料の多軸揺動効果. 第53回高圧討論会, 2P11, 大阪府 大阪大学, 2012年11/7-9 (発表8日).
  89. 米田明・福井宏之・瀬戸雄介・筒井智嗣・内山裕士・Alfred Q.R. Baron. X線非弾性散乱法によるCmcm-CaIrO3の結晶弾性定数の決定. 第53回高圧討論会, 3B08, 大阪府 大阪大学, 2012年11/7-9 (発表9日).
  90. 米田 明・福井 宏之・瀬戸雄介・筒井 智嗣・内山 裕士・BARON Alfred. X線非弾性散乱法によるCmcm-CaIrO3結晶弾性定数の決定. 日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R3-11, 2012/9/19-21 (発表20日)
  91. 宇津木 綾香・森永 慎也・留岡 和重・瀬戸雄介.  コンドライトの水質変成におけるカンラン石のFe含有量および溶液pHの効果:水熱変成実験. 日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R5-08, 2012/9/19-21 (発表21日)
  92. 永野 宗・土`山 明・下林 典正・瀬戸 雄介・今井 悠太・野口 遼. LL・L隕石の化学・鉱物組成の均一性.  日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R5-09, 2012/9/19-21 (発表21日)
  93. 市村 隼・瀬戸 雄介・留岡 和重.  メリライトと斜長石の水熱変成実験: 隕石母天体におけるネフェリン生成条件の推定.  日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R5-10, 2012/9/19-21 (発表21日)
  94. 松本 恵・留岡和重・瀬戸 雄介・三宅 亮. Ningqiang隕石およびWarrenton CO隕石のNa交代変成:水質変成作用との関係.  日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R5-P03, 2012/9/19-21 (発表19日)
  95. 酒井 碧・留岡 和重・瀬戸 雄介. Allende CV隕石中の特異なDark clast: 前駆物質と変成履歴の解明.  日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R5-P04, 2012/9/19-21 (発表19日)
  96. 瀬戸 雄介. 二次元検出器を用いた多結晶体のX線回折図形の全パターンフィッティングによる配向性・応力場同時解析.  日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R3-P07, 2012/9/19-21 (発表20日)
  97. 三宅 亮・池田 都・吉田 健太・土`山 明・瀬戸 雄介・藤 昇一. 鉱物中に含まれる包有物の相分析.  日本鉱物科学会2012年年会, 京都府 京都大学, R1-P23, 2012/9/19-21 (発表21日)
  98. Fujino K., Nishio-Hamane D., Nagai T., Seto Y., Kuwayama Y., Whitaker M., Ohfuji H., Shinmei T., Irifune T. New development of spin transition problems of iron in lower mantle minerals. 2012COMPRES-HPMPS8 Joint Meeting held at Lake Tahoe, CA in July 9-13, 2012.
  99. 松本恵, 瀬戸雄介, 三宅亮, 留岡和重, 杉田光弘. Ningqiang 隕石母天体におけるネフェリン形成プロセスの解明:透過型電子顕微鏡・放射光X線回折による研究. 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS22-10, 2012/5/20-25 (発表25日).
  100. 市村隼, 瀬戸雄介, 留岡和重. メリライトと斜長石の熱水変成実験: 隕石母天体におけるネフェリン生成条件の推定. 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ 国際会議場, PPS22-P07, 2012/5/20-25 (発表25日).
  101. 辻野典秀,  西原遊, 瀬戸雄介. 下部マントル条件での(Mg,Fe)SiO3-ぺロブスカイトの変形実験.  日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SIT42-13, 2012/5/20-25 (発表22日).
  102. 瀬戸雄介. 二次元検出器を利用した多結晶体の結晶選択配向および格子歪み解析手法の開発.  日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SIT42-P14, 2012/5/20-25 (発表22日).
  103. 藤野清志, 浜根大輔, 永井隆哉, 瀬戸雄介, 桑山靖弘, 大藤弘明, 新名亨, 入舩徹男. 下部マントル鉱物における鉄のスピン転移―鉄のスピン転移問題解決のための新たなアプローチ―. 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ 国際会議場, SIT02-08, 2012/5/20-25 (発表21日).
  104. Nakamura, A., Okamoto, T., Kadono, T., Shigemori, K., Hironaka, Y., Sano, T., Sakaiya, T., Seto, Y., Sangen, K., Fujita, Y., Arakawa, M., Takeuchi, T. Laboratory Experiments of Impact onto Chondrites and Ejecta Recovery.  日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ 国際会議場, U02-12, 2012/5/20-25 (発表21日).
  105. Itoh, S., Yurimoto, H., Sakamoto, N., Kobayashi S., Hashizume, K., Tsuchiyama, A., Seto, Y., Trevor R. Ireland4, Zolensky, M., Nakamura, T., Noguchi, T., Nagao, K., Ebihara, M., Naraoka, H., Okazaki, R., Kitajima, F., Mukai, T., Fujimura, A., Abe, M., Yada, T., Uesugi, M., Yoshikawa, M., Kawaguchi, J.  Preliminary examination of Hayabusa asteroidal samples: oxygen isotope and trace elements analyses. 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ 国際会議場, U02-05, 2012/5/20-25 (発表21日).
  106. 三宅亮,池田都,吉田健太,瀬戸雄介,藤昇一. 鉱物中に含まれる包有物の相分析. 日本顕微鏡学会 第68回学術講演会. P-M-11, 茨城県 つくば国際会議場. 2012/5/14-16 (発表14日)
  107. Nakamura, A. M., Okamoto, T., Kadono, T., Shigemori, K., Hironaka, Y., Sano, T., Sakaiya, T., Seto, Y., Sangen, K., Fujita, Y., Arakawa, M., and Takeuchi, T. Impact ejecta from chondrites, MISASA-IV, Feb. 24-26, 2012, Kurayoshi, Japan. (poster)
  108. 瀬戸雄介. 角度分散型2次元X線回折図形の全パターンフィッティング手法の開発と多結晶体試料への応用について.第52回高圧討論会, 3B05, 沖縄県 沖縄キリスト教学院, 2011年11/9-11 (発表11日).
  109. 藤野清志,浜根大輔,瀬戸雄介,永井隆哉,新名 亨,桑山靖弘,大藤弘明,入舩徹男. 下部マントル構成相における鉄のスピン転移.第52回高圧討論会, 3B13, 沖縄県 沖縄キリスト教学院, 2011年11/9-11 (発表11日).
  110. 佐野恭平, 和田恵治, 佐藤鋭一, 瀬戸雄介. 微細組織観察から推定される白滝十勝石沢黒曜石溶岩の噴出過程. 火山学会2011年度秋季大会.旭川市大雪クリスタルホール, 2011/10/2-4.
  111. 瀬戸雄介, 関川知里, 三宅亮, 留岡和重. エフレモフカ隕石中衝撃溶融脈の微細組織観察: 衝撃溶融による物質進化過程. R5-05, 日本鉱物科学会2011年年会, 茨城県茨城大学, 2011/9/9-11(発表10日)
  112. 松本恵, 瀬戸雄介, 留岡和重, 杉田光弘. Ningqiang隕石中のネフェリンの分布と鉱物学的特徴. R5-03, 日本鉱物科学会2011年年会, 茨城県茨城大学, 2011/9/9-11(発表10日)
  113. 市村隼, 留岡和重, 瀬戸雄介. メリライトと斜長石の熱水変成実験: 隕石母天体におけるネフェリン生成プロセスの解明の試み. R5-P02, 日本鉱物科学会2011年年会, 茨城県茨城大学, 2011/9/9-11(発表10日)
  114. 藤野清志, 浜根大輔, 永井隆哉, 瀬戸雄介, 桑山靖弘, 大藤弘明, 新名亨, 入舩徹男. 下部マントルにおける鉄スピン転移と構成相間の鉄の分配および相転移圧への影響. R3-09, 日本鉱物科学会2011年年会, 茨城県茨城大学, 2011/9/9-11(発表11日)
  115. 大谷栄治, 堺毅, 鎌田誠司, 福井宏之, バロン アルフレッド, 平尾直久, 大石泰生, 瀬戸雄介. 地球内核の構造と物性. R3-10, 日本鉱物科学会2011年年会, 茨城県茨城大学, 2011/9/9-11(発表11日)
  116. 伊神洋平, 三宅亮, 瀬戸雄介. 珪線石のムライト化中に観察される微細組織. R2-16, 日本鉱物科学会2011年年会, 茨城県茨城大学, 2011/9/9-11(発表11日)
  117. 伊神 洋平, 三宅 亮, 瀬戸 雄介. 珪線石のムライトへの分解過程の微細組織観察. SMP044-P08, 5/25, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011年5月22~27日, 幕張メッセ 国際会議場.
  118. 関川 知里, 瀬戸 雄介, 三宅 亮, 留岡 和重. Efremovka CV3 炭素質コンドライト中に見られる衝撃溶融脈の鉱物学的特徴とその形成過程について. PPS021-P05, 5/23, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011年5月22~27日, 幕張メッセ 国際会議場.
  119. Yurimoto H, Abe K, Abe M, Ebihara M, Fujimura A, Hashiguchi M, Hashizume K, Ireland TR, Itoh S, Katayama J, Kato C, Kawaguchi J, Kawasaki N, Kitajima F, Kobayashi S, Meike T, Mukai T, Nagao K, Nakamura T, Naraoka H, Noguchi T, Okazaki R, Park C, Sakamoto N, Seto Y, Takei M, Tsuchiyama A, Uesugi M, Wakaki S, Yada T, Yamamoto K, Yoshikawa M, Zolensky ME,. OXYGEN AND MAGNESIUM ISOTOPIC COMPOSITIONS OF ASTEROID 25143 ITOKAWA RETURNED BY THE HAYABUSA MISSION. 74th Annual Meeting of the Meteoritical-Society. London,AUG 08-12, 2011.
  120. 永野 宗, 土’山 明, 下林 典正, 瀬戸 雄介, 今井 悠太, 野口 遼, 松本 徹, 松野 淳也. Bensour 隕石(LL6) の化学組成・鉱物組成の不均一性: はやぶさサンプル分析との関連. PPS021-P06, 5/23, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 2011年5月22~27日, 幕張メッセ 国際会議場.
  121. Seto Y. Crystallographic preferred orientation analyses using two-dimensional X-ray diffraction pattern. 8th International Workshop on Water Dynamics, March 8 – 10, Sendai, Japan. (March, 10, 2011)
  122. 瀬戸 雄介, デバイリングの 二次元パターンフィッティングによる 配向性評価手法の開発. SPring-8利用者懇談会地球惑星科学研究会・高圧物質科学研究会2010年度合同研究会合, SPring-8, 2011年1月5-6日.
  123. 藤野 清志, 浜根 大輔, 瀬戸 雄介, 佐多 永吉, 永井 隆哉, 新名 亨, 桑山 靖弘, 村上 さやか, M. Whitaker, 入舩 徹男, 石井 啓文, 平岡 望, K.D. Tsuei. Mg-ペロブスカイトおよびポスト-Mg-ペロブスカイトにおける3価鉄のスピン転移. 第51回高圧討論会, 1B09, 宮城県 仙台市戦災復興記念館, 2010年10月20-22日 (20日発表).
  124. 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉, 甕 聡子. 平面IP上のデバイリング解析による結晶の配向性の評価.第51回高圧討論会, 3P17 , 宮城県 仙台市戦災復興記念館, 2010年10月20-22日 (22日発表).
  125. 瀬戸 雄介, 藤 昇一, 坂本 直哉, 圦本 尚義. Acfer 094隕石中の酸素同位体異常物質COSの高分解能像観察と成因の考察. 日本鉱物科学会2010年年会, R3-03, 島根県松江市島根大学, 2010年9月23-25日 (23日発表).
  126. 井上 美幸, 瀬戸 雄介, 留岡 和重, 平島 崇男, 下林 典正, 野口 直樹, 大井 修吾, 小林 記之. CK隕石の斜長石の鉱物学的特徴と熱・衝撃履歴, 日本鉱物科学会2010年年会, R3-08, 島根県松江市島根大学, 2010年9月23-25日 (24日発表).
  127. Fujino K., Hamane D., Seto Y., Sata N., Nagai T., Shinmei T., Irifune T., Ishii H., Hiraoka N., Yong-Qiang Cai, Ku-Ding Tsuei. Spin transition of ferric iron in Mg-perovskite and its implication to the lower mantle. SIT042-13, 5/25, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年5月23~28日, 幕張メッセ 国際会議場.
  128. Seto Y., Nishio-Hamane D., Nagai T., Fujino K. Crystal structure of solid carbon dioxide CO2-V: a possible host for subducted carbon in the lower mantle. MIS010-13, 5/23, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年5月23~28日, 幕張メッセ 国際会議場.
  129. 前田 誠, 留岡 和重, 瀬戸 雄介 CMコンドライト中のマグネタイトに富むクラスト:CM母天体における水質変成環境の考察. PPS009-09, 5/27, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 2010年5月23~28日, 幕張メッセ 国際会議場.
  130. 瀬戸 雄介. いまさら聞けない、対称性とは・群とは・結晶とは. 日本顕微鏡学会デバイス分科会 2010年新春電子顕微鏡解析技術フォーラム , 東京都渋谷区, 2010年1月22日.
  131. 瀬戸 雄介. 高圧物質科学とソフトウェア開発. SPring-8利用者懇談会地球惑星科学研究会・高圧物質科学研究会2009年度合同研究会合, SPRing-8, 2010年1月5-6日.
  132. Seto Y.. Crystal structure of solid carbon dioxide CO2-V at high-pressure conditions. WINPTech 2009, Kobe University Centennial Hall, Japan, Dec. 1-2 2009.
  133. 藤野 清志,西尾-浜根 大輔,瀬戸 雄介,佐多 永吉,永井 隆哉,石堂 知基,鈴木 啓介,リ リン,新名亨,入舩 徹男,石井 啓文,平岡 望,カイヤンクアン,ツエイ クディン. X線発光分光法による200 GPa までのMg-ペロブスカイト中の3価鉄のスピン状態. 日本鉱物科学会2009年会, R8-06, 北海道大学, 2009年9月8-10日.
  134. 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 岡田 卓, 八木 健彦, 永井 隆哉. 高圧下における二酸化炭素(CO2-V)の結晶構造. 日本鉱物科学会2009年会, R8-28, 北海道大学, 2009年9月8-10日.
  135. 前田 誠, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. CMコンドライト中のマグネタイトに富むクラスト:CM母天体における水質変成環境の考察. 日本鉱物科学会2009年会, R9-07, 北海道大学, 2009年9月8-10日.
  136. 関川 知里, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. マーチソン CM隕石の衝撃実験回収試料中の割れ目:衝撃圧との定量的関係. 日本鉱物科学会2009年会, R9-P01, 北海道大学, 2009年9月8-10日.
  137. 森永 慎也, 大西 市朗, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. カンラン石の水熱変成実験:コンドライトの水質変成におけるpHの効果. 日本鉱物科学会2009年会, R9-P02, 北海道大学, 2009年9月8-10日.
  138. 井上 美幸, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. 強い熱・衝撃変成を受けたCKコンドライトの斜長石の形成履歴. 日本鉱物科学会2009年会, R9-P03, 北海道大学, 2009年9月8-10日.
  139. 梅原 まり子, 桐石 美帆, 留岡 和重, 瀬戸 雄介. NWA 1232 CO3コンドライトに見つかった第4の岩相:他岩相との形成履歴の比較. 日本鉱物科学会2009年会, R9-P04, 北海道大学, 2009年9月8-10日.
  140. Nagai T., Ishido T., Seto Y., Hamane D., Sata N., Fujino K. (2009) Phase transition of siderite FeCO3 at high pressure. International conference on high pressure science and technology (AIRAPT 22 & HPCJ-50), 30A16. (July 26 – 31 Tokyo International Exchange Center, Japan)
  141. Seto Y., Hamane D., Nagai T., Fujino K.. (2009) Synchrotron X-ray diffraction studies on solid carbon dioxide CO2-V. International conference on high pressure science and technology (AIRAPT 22 & HPCJ-50), 30A16. (July 26 – 31 Tokyo International Exchange Center, Japan)
  142. 瀬戸 雄介. 電子線回折ソフト「ReciPro」の紹介. 第160回HVEM研究会, 九州大学超高圧電子顕微鏡室, 2009年1月30日.
  143. Seto Y., Tomeoka K. Global cycling of carbon and a possible formation of diamonds. WINPTech 2008, Kobe University Centennial Hall, Japan, Nov. 27-28 2008.
  144. 藤野 清志, 浜根 大輔, 瀬戸雄介, 佐多 永吉, 永井 隆哉, 石堂 知基, 鈴木 啓介, 新名 亨, 入舩 徹男, 石井 啓文, 平岡 望, Cai Yong. 下部マントルにおける鉄のスピン転移. 第49回高圧討論会, 2B07, 姫路商工会議所, 2008年11月12-14日.
  145. 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉, 藤野 清志. 固相CO2-Vの結晶構造について. 第49回高圧討論会, 2P50, 姫路商工会議所, 2008年11月12-14日.
  146. 渡部 幸平, 三浦 裕行, 瀬戸 雄介. Nesquehonite熱分解生成物の結晶構造. 日本鉱物科学会2008年会, R5-10, 秋田大学, 2008年9月20-22日.
  147. 瀬戸 雄介, 坂本 直哉, 藤野 清志, 圦本 尚義. Acfer 094中の17,18Oに富む物質“COS”の鉱物相・化学組成・微細組織. 日本鉱物科学会2008年会, R9-06, 秋田大学, 2008年9月20-22日.
  148. 金村 大志, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉. CaTiO3-NdAlO3ペロブスカイトの透過電子顕微鏡による転移双晶の観察. 日本鉱物科学会2008年会, R5-06, 秋田大学, 2008年9月20-22日.
  149. 藤野 清志, 浜根 大輔, 瀬戸 雄介, 佐多 永吉, 永井 隆哉, 鈴木 啓介, 石堂 知基, 新名 亨, 入舩 徹男, 石井 啓文, 平岡 望, Cai Yong. Mg-ペロブスカイトにおける3価鉄のスピン転移. 日本鉱物科学会2008年会, R8-11, 秋田大学, 2008年9月20-22日.
  150. 永井 隆哉, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 佐多 永吉, 藤野 清志. Fe3Cの高温高圧下での酸化反応. 日本鉱物科学会2008年会, R8-02, 秋田大学, 2008年9月20-22日.
  151. 瀬戸 雄介. 結晶学の基礎 -電子線回折解析ソフトReciProの紹介-. 日本顕微鏡学会デバイス分科会 2008年夏の電子顕微鏡解析技術フォーラム , 長野県諏訪市, 2008年8月22-23日.
  152. Seto Y., Sakamoto N. Fujino K. Yurimoto H. (2008) Chemistry and Microstructure of COS from Acfer 094 Carbonaceous Chondrite. 71st Annual Meeting of the Meteoritical Society (July 28 – August 1 Matsue, Japan)
  153. 瀬戸 雄介, 坂本 直哉, 藤野 清志, 圦本 尚義. Acfer 094に含まれるO-17,18に富む物質の微細組織. 日本地球惑星科学連合2008年大会, 2008年5月25~30日, 幕張メッセ 国際会議場.
  154. Sakamoto, N., Seto, Y., Itoh, S., Kuramoto, K., Fujino, K., Nagashima, K., Krot, A.N. and Yurimoto, H. (2007) Origin of 17,18O-rich materials from Acfer 094. Origin of Matter and Evolution of Galaxies OMEG07 (December 4-7, 2007, Sapporo, Japan)
  155. 渡部 幸平, 瀬戸 雄介, 三浦 裕行. MgO・2MgCO3の粉末X線構造解析 日本結晶学会2007年度年会, 東京, 2007年12月
  156. 浜根 大輔, 瀬戸 雄介, 永井 隆哉, 藤野 清志. MgSiO3-FeAlO3系の高圧相関係とペロブスカイト相の体積弾性率,第48回高圧討論会, 倉吉, 2007年11月
  157. 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉, 藤野 清志. 高圧下における炭酸塩分解反応,第48回高圧討論会, 倉吉, 2007年11月
  158. 藤野 清志, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 佐多 栄吉, 新名 亨, 入船 徹男, 鈴木 啓介, 永井 隆哉, 石井 啓文, Yong Q.Cai. X線発光分光法による下部マントル条件下でのMg-ペロブスカイト中の3価鉄のスピン転移,第48回高圧討論会, 倉吉, 2007年11月
  159. 永井 隆哉, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 佐多 栄吉, 藤野 清志. Fe3Cの高温高圧下での安定性について, 日本鉱物科学会2007年度年会,K1-10,東京,2007年9月
  160. 瀬戸 雄介, 坂本 直哉, 圦本 尚義, 藤野 清志. 始原的炭素質コンドライトAcfer094中の17,18Oに富む物質の鉱物学的記載, 日本鉱物科学会2007年度年会, G6-09, 東京, 2007年9月
  161. 竹内 傑, 三浦 裕行, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔 粉末X線回折を用いた結晶構造解析におけるデータ前処理・指数付け. 日本鉱物科学会2007年度年会, K3-P02, 東京, 2007年9月
  162. Seto Y. and Fujino K. (2007) Fate of Carbonates within Oceanic Plate Subducted to the Lower Mantle. International Symposium on The Origin and Evolution of Natural Diversity. October 1-5, 2007, Sapporo, Japan
  163. 浜根 大輔, 藤野 清志, 瀬戸 雄介, 永井 隆哉. ポストペロブスカイト相転移へのFeAlO3成分の影響, 日本鉱物科学会2007年度年会, K1-03, 東京, 2007年9月
  164. 甕 聡子, 永井 隆哉, 瀬戸 雄介. Ca2+Ti4+O3-Y3+Ga3+O3固相関係,日本鉱物科学会2007年度年会, K1-04, 東京, 2007年9月
  165. 鈴木 啓介, 藤野 清志, 浜根 大輔, 瀬戸 雄介, 永井 隆哉. MnSiO3の高圧相関係とペロブスカイト構造, 日本鉱物科学会2007年度年会, K1-05, 東京, 2007年9月
  166. Sakamoto, N., Seto, Y., Itoh. S., Kuramoto, K., Fujino, K. Nagashima, K., Krot, A. N. and Yurimoto, H. (2007) Origin of 17,18O-rich materials from Acfer 094. Meteoritics and Planetary Science 42, A134. 70th Annual Meeting of the Meteoritical Society (August 13-17, 2007, Tucson, USA)
  167. Seto, Y., Sakamoto, N., Fujino, K. and Yurimoto, H. (2007) X-ray diffraction and transmission electron microscopic studies of new-PCP from Acfer 094 carbonaceous chondrite. Meteoritics and Planetary Science 42, A140. 70th Annual Meeting of the Meteoritical Society (August 13-17, 2007, Tucson, USA)
  168. 新名 良介, 廣瀬 敬, 浜根 大輔, 瀬戸 雄介, 藤野 清志, 佐多 栄吉, 大石 泰生. Partitioning of iron between perovskite/post-perovskite and magnesiowustite, and ferric iron in (Mg,Fe)SiO3 post-perovskite,地球惑星科学連合2007年大会, 幕張メッセ, 2007年5月
  169. 浜根 大輔, 藤野 清志, 瀬戸 雄介, 永井 隆哉, 佐多 栄吉. 下部マントルにおける主要鉱物相への3価鉄とアルミの固溶,地球惑星科学連合2007年大会, 幕張メッセ, 2007年5月
  170. 坂本 直哉, 瀬戸 雄介, 伊藤 正一, 倉本 圭, 藤野 清志, 永島 一秀, Krot Alexander, 圦本尚義. 太陽系の始原水の痕跡:始原的隕石から発見したO-17とO-18に富む物質,地球惑星科学連合2007年大会, 幕張メッセ, 2007年5月
  171. 瀬戸 雄介. X線回折用解析プログラム (IPAnalyzer, PDIndexer) の紹介. 高圧物質科学・地球惑星科学研究会合同研究交流会, SPring-8, 兵庫 2007年1月
  172. Sinmyo R., Hirose K., Hamane D., Seto Y., Fujino K. Partitioning of Iron Between Perovskite / Post-Perovskite and Magnesiowostite in the Lower Mantle. AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, December 2006.
  173. 永井 隆哉, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 藤野 清志, 佐多 永吉. Fe3C の高温高圧下での安定性. 第47回高圧討論会, 熊本大学, 2006年11月
  174. 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉, 藤野 清志, 佐多 永吉. 高圧高温下における炭酸塩-ケイ酸塩鉱物間の反応. 第47回高圧討論会, 熊本大学, 2006年11月
  175. 浜根 大輔, 藤野清志, 瀬戸 雄介, 永井 隆哉. MgSiO3-perovskite への鉄とアルミの固溶. 第47回高圧討論会, 熊本大学, 2006年11月
  176. 岡田 卓, 八木健彦, 山中 高光, 瀬戸 雄介, 浜根大輔, 永井隆哉, 藤野清志. エジリン及びNaFeO2 相の高圧相関係. 第47回高圧討論会, 熊本大学, 2006年11月
  177. 藤野 清志, 泉 宏之, 浜根 大輔, 瀬戸 雄介, 永井隆哉. 下部マントル条件におけるCaSiO3,FeSiO3,MnSiO3の高圧相関係. 第47回高圧討論会, 熊本大学, 2006年11月
  178. Seto Y., Hamane D., Nagai T., and Fujino K. The fate of carbonate with subducted oceanic plate into the lower mantle. 19th General Meeting of International Mineralogical Association. Kobe, Japan. July 2006.
  179. Okada T., Yamanaka T., Seto Y., Hamane D., Nagai T. Fujino K. Phase relations of aegirine at high pressures and temperatures: Na behavior in the compounds bearing ferric iron. 19th General Meeting of International Mineralogical Association. Kobe, Japan. July 2006.
  180. Hamane D., Seto Y., Fujino K., Nagai T. Fe3+ and Al solubilities in silicate perovskites at the lower mantle condition. 19th General Meeting of International Mineralogical Association. Kobe, Japan. July 2006.
  181. 瀬戸雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉, 藤野 清志. 下部マントル条件におけるMORB-Calcite系の相関係. 第46回高圧討論会, 室蘭工業大学, 2005年10月
  182. 浜根 大輔, 藤野 清志, 永井 隆哉, 瀬戸 雄介. 珪酸塩ペロブスカイトへのFe3+,AlO3成分の固溶. 第46回高圧討論会, 室蘭工業大学, 2005年10月
  183. 岡田 卓, 山中 高光, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 永井 隆哉, 藤野 清志. 酸化的下部マントル条件におけるナトリウムの挙動. 第46回高圧討論会, 室蘭工業大学, 2005年10月
  184. 永井 隆哉, 佐多 永吉, 大石 泰生, 浜根 大輔, 瀬戸 雄介, 藤野 清志. ガス駆動DACを使った放射光施設でのレーザー加熱実験. 第46回高圧討論会, 室蘭工業大学, 2005年10月
  185. 瀬戸 雄介, 下林 典正. 成長に伴う柱石の組成と対称性について. 日本鉱物学会2005年度年会, 愛媛大学, 2005年9月
  186. 永井 隆哉, 高藤 尚人, 瀬戸 雄介, 浜根 大輔, 藤野 清志, 佐多 永吉. コア―マントル境界条件でのマグネサイトと鉄の反応. 日本鉱物学会2005年度年会, 愛媛大学, 2005年9月
  187. 下林 典正, 三宅 亮, 大滝 祥生, 瀬戸 雄介, 北村 雅夫, 鶴田 憲次. 奈良県天川村産レインボーガーネットの微細組織. 日本鉱物学会2005年度年会, 愛媛大学, 2005年9月
  188. 西尾 大輔, 永井 隆哉, 藤野 清志, 瀬戸 雄介, 高藤 尚人. MgSiO3へのFe3+AlO3成分の固溶. 日本鉱物学会2005年度年会, 愛媛大学, 2005年9月
  189. 大滝 祥生, 下林 典正, 三宅 亮, 北村 雅夫, 瀬戸 雄介, 鶴田 憲次, 杉森 城仁. 奈良県天川村産イリデッセンス,ガーネット. 地球惑星科学連合2005年大会, 2005年5月, 幕張メッセ.
  190. 瀬戸 雄介, 下林 典正. 柱石のセクターゾーニングと秩序化組織. 日本鉱物学会年会, 2004年9月 岡山大学
  191. 麻生 真吾, 瀬戸 雄介, 下林 典正, 北村 雅夫, 廣井 美邦. Namaqua 石灰質グラニュライト中の珪灰石に見られる透輝石離溶組織. 日本鉱物学会2004年度年会, 岡山大学, 2004年9月
  192. 瀬戸 雄介,下林 典正, 三宅 亮,北村 雅夫. scapolite固溶体の組成と相転移現象について. 日本鉱物学会2002年度年会, 大阪大学, 2002年10月
  193. 瀬戸 雄介, 下林 典正, 三宅 亮, 原田 明. 長野県甲武信産scapoliteの組成累帯構造に見られるscapolite固溶体系の置換様式. 日本鉱物学会2001年度年会, 秋田大学, 2001年9月
  194. 瀬戸 雄介, 下林 典正, 三宅 亮. 柱石の透過型電子顕微鏡観察. 日本鉱物学会2000年度年会, 徳島大学, 2000年11月

科研費・外部資金など

  1. 挑戦的萌芽(代表). 雰囲気制御・無容器加熱法によるコンドリュール再現実験の新展開 . 2014年度-2016年度, 総額4,290千円, 直接経費3,300千円 (2,990+500+500)
  2. 基盤(B)(代表). 粉末X線回折の二次元解析手法の開発と地球深部物質への応用. 2013年度-2015年度, 総額18,720千円, 直接経費14,400千円 (9,700+2,700+2,700)
  3. 若手(B)(代表). 宇宙シンプレクタイト生成メカニズムの再現実験的解明. 2011年度-2012年度. 総額 4550千円, 直接経費 3,600千円 (2,500+1,100)
  4. 新学術領域(公募)(代表). 中性子で見る蛇紋石脱水反応の素過程. 2011年度-2012年度. 総額 2,080千円, 直接経費 1,600千円 (800+800)
  5. 財団法人ひょうご科学技術協会 奨励研究助成(代表). 高温高圧下における二酸化炭素の結晶構造と分解・溶融反応の解明. 2011年度. 960千円
  6. 若手(B)(代表). 始原的隕石に含まれる酸素同位体異常物質の起源の解明. 2009年度-2010年度. 総額4,550千円, 直接経費 3,500千円 (2,400+1,100)
  7. 特別研究員奨励費(代表). 地球深部に沈み込む炭酸塩鉱物の分解反応. 2007年度-2008年度. 総額(=直接経費):2,200千円
  8. 若手(B)(代表). 地球深部に沈み込む炭酸塩鉱物の分解反応. 2007年度-2007年度. 総額 2,200千円. (辞退)
  9. 基盤研究(B)(分担). 下部マントル起源ダイヤモンドの成因に関する研究. 2006年度-2008年度. 総額:17,030千円. (2007年以降辞退)

その他の活動

  1. 日本高圧力学会, 評議員・会計幹事. 2014-2016
  2. SPRing-8ユーザー共同体(SPRUC) 地球惑星科学研究会 副代表. 2013-
  3. 地球惑星科学連合大会 「隕石解剖学」セッション コンビーナ. 2013-
  4. 地球惑星科学連合大会 「地球深部ダイナミクス」セッション コンビーナ. 2010-2012
  5. 鉱物科学若手の会(Young Mineralogist Organization) 世話人. 2009-2013

賞罰

  1. 日本鉱物科学会奨励賞(2015年度)
  2. 日本高圧力学会奨励賞(2011年度)
  3. 日本鉱物科学会論文賞(第2著者として.2009年度)
 Posted by at 10:33 PM